ABOUT ME

全盲で車椅子のミュージシャン

Scroll down

About Me

山下純一写真

全盲で車椅子のミュージシャン山下純一(ハーモニカ/ボーカル/パーカッション/ドラム)

ハーモニカと出会うまで

2歳の頃、やたらと手足を痛がることから病気が発覚。
いろんな病名をつけられるが、未だに原因不明。徐々に歩けなくなり、小学生の頃から車いす生活となる。
視力も幼少時から弱く、20歳頃に完全に失明。

高校生の頃はドラムに没頭するが、大学入学後、原因不明の発熱と全身の痛み、右肩が上がらなくなるなどの症状のため、それを断念。それでも自分を表現できる数少ない手段である音楽は諦められず、そんな身体的状況でもできる楽器をと探し求め、ハーモニカと出会う。

山下純一幼少時代写真
山下純一ハーモニカ演奏写真

独自の奏法・音楽的影響

そのハーモニカも、病気により変形した手では一般的な奏法はままならず、創意工夫により唯一無二なオリジナルのプレイスタイルを生み出していくこととなる。
パーカッションやドラムも同様に、独自の奏法でプレイする。

スティービーワンダーを初め、偉大なミュージシャンたちとのセッション経験から多大な音楽的影響を受ける。
その独特なファンキーでソウルフルなサウンドは多くの人を魅了している。

現在の活動

全国各地でのライブに加え、ラジオ、TV番組への出演、CF(コマーシャルフィルム)への楽曲提供、学校や企業などさまざまな場所での人権についての講演、地上波でのラジオパーソナリティーを務めるなど、幅広く活動。

山下純一のバリアフリーファンク、ラジオ大阪から毎週放送中
ラジオ大阪OBC AM1314kHz | FM91.1MHz
毎週土曜日27:30-27:45
聞き逃した方は「radiko.jp」で!
バリアフリーファンク収録現場写真

音楽活動経歴&news

2000年から2010年まで
珍獣王国というバンドにて「珍事を尽くして天命を待つ」【塩次伸二プロデュース】を皮切りに、5枚のオリジナルCDをリリース。

2009年
第6回ゴールドコンサートにてグランプリ受賞(珍獣王国)

2010年
6月8日付朝日新聞朝刊京都版にインタビュー記事が大きく掲載。
10月5日付産経新聞に「車いすピアニストと全盲のシンガー協演」の見出しで記事掲載。

2013年
第10回ゴールドコンサート・グランドチャンピオン大会~過去の受賞者によるグランドチャンピオンシップ~にて「グランドチャンピオン受賞(山下純一ソロ)。

2014年
山下純一1STアルバム「やりたい放題 Music!」をリリース。

2017年
シングル「世界は音楽でリンクする」リリース。

2018年
国内最大のハーモニカの大会、第38回 FIHハーモニカコンテスト ブルースハープ部門にて優勝。
ドイツのHohner社のインスタグラム フォト&ビデオ コンテスト2018の動画部門にて全世界応募の中から第3位。

その他の活動

2005年
M-1グランプリ 松竹のお笑いコンビDA-DAとのユニット「だだぐるま」で2回戦まで進出

2004年10月~2005年3月
KBSラジオ「珍獣王、DA-DAの逆境じゃ最強!」メインパーソナリティー

2005年4月~2008年9月
KBSラジオ「珍獣王の一人ブルース」メインパーソナリティー

2010年4月~2011年3月
KBSテレビ「まちかどポッピン」声優

2010年
(NHK総合)バリバラスペシャル・笑っていいかも!?
松竹のお笑いコンビ、チキチキジョニーとのユニット「チキチキグラさん」で、SHOW-1グランプリにて準グランプリ受賞。

2016年
ビートたけし責任編集お笑いKGBにてコラム執筆

2018年-現在
ラジオ大阪OBCにて「山下純一のバリアフリーFUNK」絶賛オンエアー中!!